WEB 投票

Assemblee-dautomne

毎年、フランス美術団体・事務局から、この時期、理事を信任するか否かの投票用紙一式が郵送されてくるのですが、新型コロナの影響で、グランパレの当該事務局がクローズし、代わって WEB投票への切り替えが行われました。

正直、関心が湧かないこともあり、投票をスルーしようと思っていましたところ、担当者より再三、私個人あてで投票を依頼するメールが届くので、昨日、WEBページにアクセスし投票することにしました。

投票に関する詳細を図解したページも、別途作られていたのですが、仏文なので、分かりづらく、翻訳ソフトの活用で幾分か理解が出来、無事に投票を完了しました。

結果を確認しようと、IDを記入する巻頭ページへ戻ると、何とページ右上に ENGLISh Version と書かれたボタンが存在するではないですか!

👀 完璧に見落としていました‼

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

絶妙のタイミング

202021001

凡そ、 1ヵ月前には今日を想像し得る材料など、どこを探しても見当たらなかったと思います。現在、ヨーロッパで、新型コロナ大流行への危惧が言われていますが、事これに関しては、いずれの国iも部外者では居られないのかもしれません。

グランパレでの展示作業の折、控室入り口付近ですれ違った他のフランス美術団体関係者が、「オー、オー!」と笑いながら避ける仕草をしましたが、その頃は、彼らにも、そう表現できる余裕があった気がします。

グランパレ最後の ART CAPITAL となる可能性が高かった、今回の EXPOSITION ですが、振り返って見れば、絶妙のタイミングで開催された想いを強くします。もしも、何かの都合で今月開催となっていたら、成立しなかったのは確実と言えるからです。

虚実皮膜と同様、タイミングは、薄膜の時差の中で呼吸している様に思えます。

Hさんと共同での展示作業は、午前中に日本、ロシア、メキシコ、各グループの作品・計 44点のインストールを終了し、午後から一般出品作品を 2プロック、凡そ 20点余りを終えたところで、会場アレンジメント責任者のフィリップから、軸装スタイルの香港出身者のグループ展示をオーダーされました。

クルーズ船のニュースが持ち切りだった折、今度は、我々が『オー、オー!』と言いたい気分でした。

これらの作品と、さらに、もう 1団体の作品・合わせて 41点の展示が終わったのは、午後 6時半過ぎ、いつもより 1時間程余分にかかったのですが、この 1時間が物を言うとは思いませんでした。

翌朝起きた時、腰に鈍痛があったのです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

ポルト C

20200224_0001

午前中、順調にグランパレの展示作業は進みました。

この分ならば、午後3時くらいには終了するかもしれないとの期待がありましたが、ここは、フランス・タイム主流の地です。

団体控室で、昼食の休憩を、フランス・パンにパテとワインで取ってからは、それまでのスピードが維持出来なくなるのは自然の成り行きだったかもしれません。ボトル・ワイン、それに紙パックのワインが、すでに数本空になっていました。

昼食を取りながら、グランパレ・ポルトCのある方向を眺めると、数人が行き交う様子が見られました。私が、グランパレに来た目的の 1つが、所属サロンへの年会費納入でした。

「今日、ポルトCは、空いていますか?」私は、Hさんに尋ねました。

「あそこは、いつも空いてて、誰かしら居ますよ。」

「じゃあ、ちょっと年会費を収めに行ってきます。」

そうHさんに告げて、私は、控室を後にしました。

Img_20200223

外は、太陽光がまぶしく木々に降り注いでいました。

ホルトCのドアの前で、目的のサロンの呼び鈴を押すと、フロア・ガードのマダムが出てきました。

「私は、サロン***の会員です。」そう伝えると、事務所のある2階へ上がることを許可してくれたのですが、しばらくぶりだったので、2階のアプローチのドアを開けるのを忘れていました。

当該サロンのドアをノックすると、中には事務を執る若者が 1人いました。

「私は、このサロンの会員です。今年度会費を持参しました。」

「年会費は、 100ユーロです。クレジット払いですか?」

「いえ、キャッシュです。」

「キャッシュ、了解です。あなたの名前を教えて下さい。」

私は、彼からメモ用紙をもらい、そこに名前と住所を記入し、100ユーロを手渡しました。

「有難う。では、後ほど貴方の住所宛てに、領収書と今年度カルテを送ります。」

彼の対応は丁寧でしたが、念のために、私はこの場で受領書をもらうことにしました。

「ハンド・ライティングで構わないので、領収書を書いて下さい。」

事務机の中から、彼は用紙を取り出して、そこに本日受領したことを記入しました。

私の目的の半分が、終了しました。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

グランパレ2020

20200210a

地下鉄 9号線から 1号線に乗り継いで、 8時半には到着しましたが、今朝方まで続いた嵐で、路面には所々に水たまりがありました。ですが、空は青空です。

青空と、グランパレ・・・やはり、グランパレには青がお似合いです。

 2024年 パリ・オリンピックの屋内競技場としてグランパレを使用するため、これから内部の改修工事が始まるようですが、重要なアクセスとなる地下鉄シャンゼリゼ・クレマンソー駅は、すでに 1部の改修が進んでいて、グランパレ側への出口が増設されていました。

 2020210a_20200222074801

グランパレ入り口のセキュリティ・チェックを通り、ART CAPITALの会場内に入ると、珍しい事に例年より早く、すでに展示作業が始まっていました。

いつもですと、私の出品しているサロンは、3グループくらいしか展示作業に携わる人間がいないのですが、今回は、その倍以上の人数が駆り出されていて、これならば早い時間で完了するだろうとの予測が立ちました。

それは良かったのですが、サロン毎に色分けされていたパーテーションがバラバラで、 4つのサロンの区別が分かりづらく、また床の区別もないままです。

最後だから、キッチリしようと思うのが日本人、適当で構わないと思うのがフランス人? それが如実に現れていた気がします。

展示作業の為、いつもの様に緊張感を漂わせたフィリップ、眼鏡をかけていたので、分からなかった前会長のカトリーヌ・ジャーグ、副会長となったカトリーヌ・G・ペレスなど、既知の人達に挨拶し、日本の 1グループが出品しているブースへと向かいました。

期待はしていなかったのですが、それを上回るヒドイ作品の羅列で、趣味の世界以外の何物でもないのが一目瞭然でした。

私が担当していた頃は、展示作業中に、当時会長だったセルジュ・ティヨーが顔を出し、「このブースは日本か?素晴らしい!」と賛辞をくれたものですが、それは、すでに遠い過去の話となってしまった様で残念です。

グループ展示では、メキシコの作品がレベルが高く秀逸でした。日本のグループも、これに比肩出来る様になってくれたら良いのですが・・・

(*セルジュ・ティヨー氏は、サロン・ドートンヌの中心メンバーの 1人です。フランスでは、所属サロン以外のサロンとの兼任は、特別珍しくはありません。)

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

Art Capital 2020

20200123

今回の“アール キャピタル 2020”は、サロン・コンパレゾンが全体のダイレクションを務めるようです。

ですので、パンフレットも賑やかな“コンパレゾン好み”の派手な色彩となっています。

フィナーレを彩る“打ち上げ花火✨”と思えば、これもまた一興かもしれません。

◇ ART CAPITAL 2020

◇ 2月 11日(火) ~ 16日(日)まで (11日オープニング)

◇ グランパレ シャンゼリゼにて

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

アール キャピタル

201902d

ウエブ・インフォメーションによって、今日(17日)デリバリーだろうと踏んでいたのですが、 1日早く、小品が無事に届いたと連絡が入りました。

2024年に開催されるオリンピックの為の改修工事が、グランパレで行われる関係で、10年以上続いた“ART CAPITAL”も、場合によっては、今年が最後となるかもしれません。

 1日に、 10000人前後の入場者がカウントされる一大芸術イベントに、誕生間もない時期から参加出来、とてもラッキーだったと思っています。今回は、CAPITALに別れを告げる意味をも含め“夜桜”を描きました。

別れは、単純な別れではなく、先年 他界した Jean-Max への深い謝意、Dinaへの敬意、そして、 Salon Dessin メンバーへの私の親愛の情を表しています。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

小松崎 邦雄 展

20191120

埼玉県加須市・花崎にある「サトエ記念21世紀美術館」で開催されている、小松崎邦雄展を堪能しました。

時間を要しましたが、その甲斐がありました。

氏の作品に関して、ここで賛美する言葉を並べ立てるのは、寧ろ失礼かとも思えるのですが・・・ご存命でしたら、芸術院会員は無論のこと、文化勲章も受章されていたであろう事は容易に思い至ります。

夭折されたこと、残念な限りですが、こうして、美術館に氏の代表作が収蔵されているのですから、このことは、受章以上かもしれません。

小松崎邦雄展は、来年3月まで開催されていますので、また機会があったら出掛けようと思っています。 (本美術館に収蔵されている立体作品のコレクションにも、驚かされました。)

*掲載しました作品画像は、サトエ記念21世紀美術館のパンフレットより引用しております。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

クリスマス アート ショップ

20191210

今月 17日 ~ 23日まで、イタリア・ローマのナヴォーナ広場側のアートギャラリー ローマで開かれるクリスマス・アート ショップに参加します。

ローマ で1番有名な朝市「カンポ・ディ・フィオーリ」までは、徒歩 5分の距離とのこと・・・

期間中にローマへの旅行を計画されている方は、ぜひお立ち寄り下さい。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

公募団体展

以前にも、同様な内容を書いたかもしれません。

「コートールド展」を見るついでに、公募展を拝見したのですが、レベルの低下ばかり眼についたのが残念でなりません。

「新制作・日本画部」という、すでに消滅した名を思い起こすと、感覚・感性に訴える作品、多様な個性、技術の確かさ、作品同士のぶつかり合い、せめぎ合い、それらに心底魅了されたものです。

時代は下り、ヌケガラと化した感のある会場は、閑散としているのも無理からぬ事、入り口でIDカードを提示しましたが、それによる入場者が少ないのか?再三、再四確認されてしまいました。

我が身を振り返り、上質な仕事を心掛けたい、さらに、上・・・さらに、さらに、その上を・・・

今回見て、その想いを強くした次第です。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

ビエンナーレ (フィレンツェ)

2019101101

来週 15日(火)~ 28日(月)まで、イタリー・フィレンツェのホテル・ラ・フォルテッツアにて、フローレンス・ビエンナーレにおけるモニター展示が開催されます。

 20名の出品者の中に、日本人が 1人✨含まれています。

この時期、ラ・フォルテッツアを利用される方が、この展示をご堪能いただけたら幸いです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧