初すべり

2016123

忙しかったので、なかなか時間が取れず、先週末、今シーズン初めての“足慣らし”に行って来ました。

ご覧になってお分かりと思いますが、圧倒的にボーダーが増えました。しかし、スピードは何と言ってもスキー! ボードの比ではありません。

日頃のストレッチの効果があったのか? 4時間ski疲れを知らずに滑りましたski

オープン・エアに出かける前には、もう1度くらい・・・と考えています。

http://homepage2.nifty.com/kaz-art/

中島和長のアートスタジオ 2015年 ~ 08年 Art Capital (サロン・デッサン招待 パリ - グランパレ) 15年 NY art expo 15年 Art Expo ローマ SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化センター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY個展 1998年 パリ個展  1986年 ニース個展

 

| | コメント (0)

スキー 2014

なごり惜しいですが、今シーズンもそろそろ終わり・・・全般的には、天候には余り恵まれませんでした。

最初の湯沢高原は、濃霧のためにホワイトアウト! 1m 先が、全てテッシュペーパーで覆われてしまった状態!

ティッシュの向こうに、アラビック・ヤマト糊を置くと、オレンジのキャップだけが見えると思うのですが、同様に、コースの境界を示すオレンジの旗のみが見える最悪なコンディションで、何回か滑った経験があるコースでも、斜度も方向も分からず、雪山でベテラン登山家が遭難するのも無理ないのを実感したものです。

結局、不満足なまま、下にある布場ゲレンデに降りて、そこでお茶を濁して終わりました。

GALAは、湯沢高原と比較すれば、天候はマァマァ・・・時折、太陽も顔を覗かせましたので、滑るのに障害はありませんでした。プロブレムは、ご本人の体力で、コース前半は調子良く滑れても、後半では足が痛くなり、それがチョット情けなく不満足でした。

不消化のまま、シーズンを終えるのも後々のメンタルに良くないので、月曜日の歯科治療を受けた後で、NASPAへ行くことを思い立ちました。

チケットも取れ、朝出勤する人達には、申し訳ない気もしましたが、思い切って出かけて正解でした。

平日ですから、滑るスキーヤーの数も限られ、滑走は思いのまま・・・リフト終了の時間一杯スキーを満喫することが出来ました。これで、次のシーズンまでの 7ヶ月は我慢出来そうです。

http://homepage2.nifty.com/kaz-art/

中島和長のアートスタジオ 2013年 12年 11年 10年 09年 08年アール アン キャピタル(サロン・デッサン招待 パリ - グランパレ) SAM 13年 12年 11年(パリ ジヴェルニーなど) 現代美術小品展(プジョー文化センター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY個展 1998年 パリ個展  1986年 ニース個展

 

| | コメント (0)