« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

謝罪像 と WTO選挙

慰安婦少女像の前で、ひれ伏す男性像は「安倍晋三」首相であるということです。もしも、この像が客観的に晋三氏と認められるものであるのならば、明らかな肖像権侵害でしょう。まずは、その検証をすべきかと思います。

しかし

それよりも

このマナーの悪い行為を逆利用しない手はありません。

今、WTO次期事務局長選挙に韓国人の兪明希・通商交渉本部長が立候補していますが、立候補を表明した彼女の国は、(新型コロナ対応で評価が下落しているとは言え) 一国の代表を、このように伏せさせなければ満足に至らない国家、国民であるということを広くアピールすべきと思うのです。

2015年の慰安婦問題・日韓合意に関しては、米国をはじめ、英国、欧州連合、一部の環太平洋諸国(TPP加盟国)、などが支持を表明しましたが、その合意を、政権が変わっただけで破棄出来るという発想を持ち、国際法上の問題は無視され、破棄することを大多数の国民が歓迎すらしたのが韓国なのです。

良識と公平が必要とされるWTOの職務に対し、未だに自国で手一杯の印象がある地からの出馬は、自国益を優先する以外は持ち得ず、WTOを変質させてしまうかもしれません。

*「謝罪像」に関し、韓国外務省は支持しないと発言したようですが、非礼に当たるので即時撤去! とまでの言及ではないようです。つまりは、支持はしないが、撤去するほどの問題ではないという認識なのでしょう。今は、我が国による“倍返し”の時でしょう。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

2021

2021

予測不能な様々な事態が生じたのは、 2月に開催された “Art Capital 2020” 終了後のことです。

あれから 5ヵ月余り・・・

逞しくも、すでに来年の本展の予定が確定されたようですが、未だ、クリアとは行かない状態が続く中で、私個人は参加するか、どうか?思案中です。

 2024年の競技会場として使用するため、グランパレが改修工事に入り、エッフェル塔に隣接する公園内の仮設会場で、これまでと同じ 4団体による展示が行われるようですが・・・

資料提出までには、まだ時間的余裕がありますので、ゆっくり、そのことを考えたいと思っています。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

ナント

Chateau-nantes05_20200722124201

ナント大聖堂で火災とのことですが、幸いにしてパリ・ノートルダムの惨事までには至らずに済んだようで安堵しました。

放火の疑いがあるとのこと、「小人閑居して不善をなす」の例え通り、人の行動範囲の縮小が、悪しき誘惑へと駆り立ててしまうとしたら残念です。

個人的な話となりますが・・・

ナントへは、ベル・イル、キブロン、カルナックなどを旅した帰路、立ち寄りました。

高校時代のクラスメートが、この地の芸術学校を卒業したと聞いていましたので、訪れる前から興味はありましたが、ナント大公城近くの公園に設営されたマシンに、歓声を上げて乗る若者の姿を見て、フランスらしからぬ・・・と違和感を覚え、その後の印象は余り良いとは言えないままでした。

ただ、若者がマシンに興じて悪いことはなく、フランスはマシンとは無縁と思い込んでいた私自身の考えが、収縮感を極めていたかもしれないと今では思っています。

* “小人 不善をなさず” 人として生きる道は、これに尽きるかもしれません。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

墓参は

都内で、市中感染が広がっている可能性が高いので、今回は取りやめました。

昨日、最寄り駅近くで見た若い女性数人は、マスク無しで歩いています。海外の映像がマスク未着用なので、こちらも・・・ということなのでしょうか?

抗体検査によって、日本人が免疫を獲得している訳ではない事が分かり、ただ、手洗いとマスク着用の習慣が感染拡大を回避していたらしいと再認識されたようですが、この状況・・・

マスク無しで人込みも由とするのが一般化すれば、拡大へのゲートは直ぐに開きます。

気をつけましょう・・・

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

感染率3.4%

Tokyo_map3

「東京を抑え込まなければ、周辺に拡大します。私は山手線(管内)は全員PCR検査を受けるべきではないか?と思うのです。武漢で出来たのですから、出来ないことはないでしょう。」

昨日、夕方のニュース番組で、森永卓郎氏がそうコメントしていました。

大阪のコロナ対策を表面的になぞっただけで、未だに、店舗ごとのQRコード活用には至っていないのには失望を覚えます。

お願いするばかりでは、コロナ拡大を阻止することは困難でしょう。

*先日の抗体検査結果とは異なり、 連日行われている 1000余人のPCR検査結果では、感染率が 3.4%とのことです。乱暴な言い方かもしれませんが、(前回、私の記述とは異なり、)この数値を昼間の山手線・一編成 10両に当てはめますと、 1人、もしくはプラス若干名のキャリアが、どこかの車両に存在していても不思議はないことになります。

*街中で、 500人とすれ違えば、その中に 1人 + α のキャリアがいたと疑える状況です。

そうではないと証明するには、広範囲な虱潰しの検査以外に無いでしょう。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »