« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

なぜ今、このタイミング?

20200429

戦闘機のディスプレイ映像の様ですが・・・

米国坊総省は、なぜこの時期に 3種のUFO映像を公開したのでしょうか? その意図が不明です。

別事ですが

新型コロナウイルスに関して、日本は、感染者数を低く抑えようとしていると推察されますが、米国では、逆に数値を高くしようとの働きかけが一部で起こっているとのことです。

理由は、“パニックになると、人は思考を停止する”から、らしいのですが、思考を停止させたいと考える人物がいるのでしょうか?

だとしたら

この時期のUFO画像認定で、 Unknown Figure has no Occupation とならないように・・・気をつけましょう

*掲載画像は、インターネット上に公開された画像の一部を、こちらで見やすく加工したものです。 

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

未知の風景

202041903

いつの間に、このような風景が出来上がっていたのでしょうか? 全く認識がなかったです。

最寄り駅に近く、食料品を扱うスーパーにも事欠かず・・・ですが、小・中学校は併設されていないので、児童教育面においてはネックがあるのかもしれません。

新しく建ったタワーマンション、入居は、これからですが即完売・・・のはずが、すでに転売されている所もあるとの噂も出ています。

この風景、 60年後も維持できるのでしょうか? 石造りのヨーロッパの建物は、世紀を跨いでもフロアを張替えれば居住可能ですが、耐用年数 60年で設計されている我が国の建築に、それを望むのは酷かもしれません。

エクステリアの仕事をしていた折に、ステンレス筋を使用し、ヨーロッパ並みに世代を超えて利用可能な低層 condo を思いついたのですが、建設雇用の問題か?現実には即さないようで、まだ、そのような建物にはお目にかかっていません。

その後、一時、耐候性鋼を用いて建築物の延命が図られたことがありました。理由は分かりませんが、これも、今日では余り見かけなくなっています。

最終的に破砕する為に、膨大な費用と資源を浪費し、日々建設に勤しんでいる事には、どうしても不消化な感じを抱きますが

青空のもと、林立する建物を背景に、遊びまわる子供たちの姿に関しては、何の説明も要らない気がします。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

昨日

都内へ、ゆうパックを送りました。

時間指定はしなかったのですが、漠然と昼前には届くだろう位に思っていました。

それが・・・

朝、早々に完了メールが届いたので驚きました。到着時間を見ると、 8時台となっています。

コロナ・ウイルスの為に、配達のローテーションが変わったのでしょうか? それとも、インターネットでの商品購入が増えて、配達は、朝からフル回転しているのでしょうか?

とにかく・・・

何にしても、迅速なデリバレーは有難いです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

納得

諸外国に比べ、新型コロナ感染者の死亡率の低さから、日本人はウイルスに対する免疫を、すでに獲得しているのではないか?との仮説が言われているようです。

某国立大学教授のK氏が、この説の提唱者らしいのですが、言われていることには至極納得が行きます。

以前にも書きましたが、昨年 11月頃、熱は出ないのですが、なかなか完治しない、通常の風邪とは全く違う“咳”に悩まされていました。

その期間は、丁度2週間

知り合いに聞くと、その当時、都内では同様の“熱の出ないしつこい咳”が流行しているとのことでした。

今日、この仮説が出たことで、このことに関する私の疑問符は取れましたが、後発で感染力の強い L型 には無力かもしれませんので、今後も怠りなく用心するつもりです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

終息するかは

元々は、我が国が他国から侵略を受けたとき、有事対応のため策定された「緊急事態宣言」。

まさか、対ウイルスで使われるとは、想定外だったのではないでしょうか

 1ヵ月後、どのようになっているのか? 🌀ウイルスの気分次第かもしれませんね。

 

| | コメント (0)

非常事態

「緊急事態宣言」では生ぬるい気がします。

都内の患者数の推移を見れば、「外出禁止令」が出ても何ら不思議はない状況でしょう。

 

| | コメント (0)

先月末

Masseria11_20200405073401

様々に、この時期の問題と重なったのか?

先月 3月 31日で閉店したイタリアン・レストランです。

植栽に至るまで拘り抜いた、オーナーの思い入れが感じられる店構え、店内を含めたその風情は、一時、ここが日本であることを忘れてしまう様でした。

閉店することが知れ渡ると、連日 〃 満席の大盛況・・・ 

Masseria13a_20200404080001

実は、私は数回程度しか利用していないのですが、長年ご愛顧の常連さんが多くいたようです。

閉店を聞き、思わず感極まる人もいたとのこと・・・

今後の事は分かりませんが、折角の建物があることですから、何らかの形で継続されればと思うのです。

しばらくは、外から拝見するだけ・・・それたけでも、価値があります。

(*人の眼が届かなくなったからと、この建物を汚す・ラクガキする行為だけは慎んで欲しいです。)

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »