« グランパレ2020 | トップページ | 雪遊び »

ポルト C

20200224_0001

午前中、順調にグランパレの展示作業は進みました。

この分ならば、午後3時くらいには終了するかもしれないとの期待がありましたが、ここは、フランス・タイム主流の地です。

団体控室で、昼食の休憩を、フランス・パンにパテとワインで取ってからは、それまでのスピードが維持出来なくなるのは自然の成り行きだったかもしれません。ボトル・ワイン、それに紙パックのワインが、すでに数本空になっていました。

昼食を取りながら、グランパレ・ポルトCのある方向を眺めると、数人が行き交う様子が見られました。私が、グランパレに来た目的の 1つが、所属サロンへの年会費納入でした。

「今日、ポルトCは、空いていますか?」私は、Hさんに尋ねました。

「あそこは、いつも空いてて、誰かしら居ますよ。」

「じゃあ、ちょっと年会費を収めに行ってきます。」

そうHさんに告げて、私は、控室を後にしました。

Img_20200223

外は、太陽光がまぶしく木々に降り注いでいました。

ホルトCのドアの前で、目的のサロンの呼び鈴を押すと、フロア・ガードのマダムが出てきました。

「私は、サロン***の会員です。」そう伝えると、事務所のある2階へ上がることを許可してくれたのですが、しばらくぶりだったので、2階のアプローチのドアを開けるのを忘れていました。

当該サロンのドアをノックすると、中には事務を執る若者が 1人いました。

「私は、このサロンの会員です。今年度会費を持参しました。」

「年会費は、 100ユーロです。クレジット払いですか?」

「いえ、キャッシュです。」

「キャッシュ、了解です。あなたの名前を教えて下さい。」

私は、彼からメモ用紙をもらい、そこに名前と住所を記入し、100ユーロを手渡しました。

「有難う。では、後ほど貴方の住所宛てに、領収書と今年度カルテを送ります。」

彼の対応は丁寧でしたが、念のために、私はこの場で受領書をもらうことにしました。

「ハンド・ライティングで構わないので、領収書を書いて下さい。」

事務机の中から、彼は用紙を取り出して、そこに本日受領したことを記入しました。

私の目的の半分が、終了しました。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

|

« グランパレ2020 | トップページ | 雪遊び »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。