« ポルト C | トップページ | Sさん »

雪遊び

2020227

例年にならば、「たにがわ号」を待つ人の列が見えるはずの東京駅・上越新幹線ホームですが、見通しの良さに驚かされました。(写真左)

ここにも、新型コロナの影響が出ているのでしょう。「不急の旅行は控える。」ご時世なのかもしれません。

そんな中

このホームに到着したのは、 2階建て車両の“MAXたにがわ”でした。

スピード化により、引退シフトだったMAXが運用を続けている理由は、昨年の台風による車両基地への冠水だったようです。最高速度で新型車両に劣るのは仕方ありませんが、滑らかな走行、頑強そうに見えるBodyは頼もしい限りです。

2020227a

今シーズンは、異常気象が本格化しての稀にみる雪不足、例年に比べると、積雪は 1m以上も少ない状態ですが、ここ数日は降雪が続いています。

本日の予報も雪、リフトに乗ると、それを見事になぞった風景が待ち構えていました。想像以上に視界が悪く、不本意ですが、ボルックスで単純な“雪遊び”としました。

シーズン最初で最後のスキー🎿は、今シーズン全体を象徴するかのようです。

2020227aa

斜面の状態が良く分からず、カンを頼りに滑っていましたが、満足出来るものではなく、本当に、雪遊びそのもので意気消沈していた・・・

午後 3時過ぎ

ほんの 10分ほど雪が止み晴れ間が覗いた瞬間がありました。多くのビジターが、スマホで撮影を始めた間隙を縫っての滑りは、滑走者もなく、斜面が良く見えて自分の滑りを満喫出来ました。

この後は、再び雪⛄

まぁ、 1度だけではあっても、思い通りの感覚で滑れたのですから、由としなければ行けない気がします。

*別事ですが

JRチケットの購入が、人員整理の合理化により身近な窓口で出来なくなった事に、何とも不便を感じます。

時代ゆえに、インターネット購入を主としたのは良いのですが、人数の訂正が一般的な通販での訂正に比べて煩雑で、スムーズではないのが問題です。それに要する時間への還元があれば、まだしも・・・

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  / 2020年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 19年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo 14年~11年 SAM (パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY 98年 パリ  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

|

« ポルト C | トップページ | Sさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。