« 札幌が 史上初! | トップページ | 例え話 »

海外からの詐欺メール 2019

以前に、多く届いたのは

「私は不治の病で入院しています。医師からは手術するように勧められていますが、その手術代を支払うことができません。あなたの助力が必要です。どうぞ、私に生きる力を与えてください。あなたに神のご加護がありますように・・・」というものでした。

その後は、少し内容に変化があり

「私は、不治の病で入院中です。妻(もしくは夫)は数年前に亡くなり、子供もなく独り身です。私には、有り余る資産がありますが、この受取人が誰 1人いません。私は、私の資産の受取人を貴方にしたいと考えています。ご連絡ください。」と変わりました。

今朝、届いたのは

「私は弁護士です。長年に渡り、 1人の日本人の顧問弁護士を務めてきました。彼は、身寄りがないまま、数か月前に他界しました。彼の口座には多額の資産が残されています。私は、彼と同じ姓名の人へ、彼を知っているか?彼の親類であるか?の問い合わせをしています。もしも、あなたが彼を知っていて関係があるのなら、その資産を受け取る権利を有します。ご連絡ください。」となっていました。

関係があるとメールすれば、おそらく、口座解約と受取人証明書の提出、送金手続きなどに手数料が発生するので、その金額を振り込んで欲しいと依頼が来ることでしょう。

いずれの国においても、詐欺は存在し、無くならないものですね。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

|

« 札幌が 史上初! | トップページ | 例え話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。