« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

秋風吟

20191030

たれぞ食(は)む

この秋空の

あかね色

 

 

| | コメント (0)

公募団体展

以前にも、同様な内容を書いたかもしれません。

「コートールド展」を見るついでに、公募展を拝見したのですが、レベルの低下ばかり眼についたのが残念でなりません。

「新制作・日本画部」という、すでに消滅した名を思い起こすと、感覚・感性に訴える作品、多様な個性、技術の確かさ、作品同士のぶつかり合い、せめぎ合い、それらに心底魅了されたものです。

時代は下り、ヌケガラと化した感のある会場は、閑散としているのも無理からぬ事、入り口でIDカードを提示しましたが、それによる入場者が少ないのか?再三、再四確認されてしまいました。

我が身を振り返り、上質な仕事を心掛けたい、さらに、上・・・さらに、さらに、その上を・・・

今回見て、その想いを強くした次第です。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

「従兄妹」会

昨年の、今頃だったかもしれません。

突然、恩師が夢枕に立って、「俺は、オヤジを越えられなかった。」と言ったのです。

確かに恩師の父上は、日本水墨画連盟・理事長を務めた方でしたが、恩師も、それに劣らず、美大の名誉教授まで上り詰めたのですから、その意味では遜色ないと思われますが、あるいは、その時の恩師の言葉は、年齢的な事を言っていたのかもしれないと、後に思いました。

人は、親を越えたいという想いがありますが、何才になっても、なかなか実現し難いものです。

今日は、久々に母方の従兄妹たちに会います。

皆、両親を送ったので、以前に比べると集いやすくなりました。

ですが、家族に対する親世代の有り様を、誰一人、超えていないと感じます。所詮は、個々の問題に過ぎないことですが、それぞれの目の前には、こと家族に関しては、まだ高いハードルが存在している様に思います。

この雨は、親たちの涙雨でしょうか?

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

ビエンナーレ (フィレンツェ)

2019101101

来週 15日(火)~ 28日(月)まで、イタリー・フィレンツェのホテル・ラ・フォルテッツアにて、フローレンス・ビエンナーレにおけるモニター展示が開催されます。

 20名の出品者の中に、日本人が 1人✨含まれています。

この時期、ラ・フォルテッツアを利用される方が、この展示をご堪能いただけたら幸いです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ  2019年 Florence Biennale フィレンツェ 19年~08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年~14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年~11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年~2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

台風

Gms_b_0_400300

日本列島がスッポリ収まってしまう程、巨大な「台風19号」・・・ これを見ると、コメントする気力が失せてしまいます。

画像では、中心の目がハッキリと大きく見えていますが、出来れば、この目が2つに分かれて欲しいというのが、現時点のささやかな願いです。

かって、気象庁がスーパーコンピューターを使用し、海水温・上昇によるスーパー・タイフーン発生のシュミレーションをしましたが、これが現実のものとなるのでしょうか?

*台風の画像は、ウエブサイトに公開されている気象庁発表のものを引用しています。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

| | コメント (0)

えっ、今シーズン営業休止!

20171109a 20171109

確かに、経年による施設の老朽化が見て取れましたので、 1年間営業を休止しての大規模改修工事は仕方ないかもしれませんが・・・利用者としては、春夏の休業期間中にメンテナンスを完了して欲しかった所です。

インドア・スキー場としてオープンして、何年になるのでしょう?               (*wikipediaには、 1959年の営業開始となっています。)

後発の湾岸ザウスが、早々にリタイヤしてからは、狭山スキー場の老舗感が益々増していました。なので、今シーズンの足慣らしはお預けにして、体力作りに精を出し、リニューアル後のお目見えを楽しみに待つことにしましょう。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »