« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

Fake

登戸の殺傷事件で、陰に隠れてしまいましたが・・・

事件前日、夕刻のウエブ・ニュースに、トランプ大統領夫妻の日本訪問後の行動予定が流れました。

それによれば、日本訪問後・・・トランプ夫妻は韓国へ向かうというのです。

全く、寝耳に水でしたので、事前に、そういう話になっていたのか?と思いましたが、実際にそのような事はなく、夫妻がそのまま帰国の途に就いたのは誰もが知るところです。

その後、このフェイク・ニュースは姿を消しましたが、どこから流れ出たものでしょうか?

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

 

| | コメント (0)

マヒしている

全く無関係で、全く異質な物であるにも関わらず、今の私の中では、登戸の事件と車の暴走事故が同じ類と思えてしまうのです。

不条理な事が、余りにも頻繁に起こるがゆえ、感覚がマヒし、物事を理解しようという意欲が減退しているのかもしれません。

野生が、エスカレーターを上り下りするご時世です。

人の日常は、不安定で不確定なものへ変貌しているようです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

 

| | コメント (0)

再び PM2.5

前回同様、また、今日は特に濃度が上がっているようです。

https://tenki.jp/pm25/ 

( ↑ 天気予報の PM2.5に関するサイトです。)

このインフォメーションが、個々に注意するための役割を果たしてくれていて有難いです。

ただ、PM発生の大元の根絶となると、私達には、全く手の下しようがありません。処理には、国際間の連携が必要になると思うのですが、現在の風潮は、互いに有形・無形の壁を築くばかりで、事態解決にはマイナスな事ばかりです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

 

 

| | コメント (0)

PM2.5

昨日に続いて、今日もPM 2.5濃度が上がっているようです。

花粉も、そろそろ終わる時期ですが、まだPM対応のマスクは手放せません。

 

 

| | コメント (0)

新札発行なら

このタイミングで、デノミネーション行うのが最良の施策と思いますが・・・

おそらく (オリンピック前でもあり)

そういう事にはならないでしょう。

 

ならば

今より、移民申請の受け入れ枠を拡大するか、もしくは、AI導入を経産省の指導でよりアクティブに行い、労働人口の減少に備えるのがベターですが・・・

 

どうでしょう

結局、何もせぬまま、日が暮れゆくのを眺める事となるのでしょうか?

「令和」=「冷和」とならぬよう、舵取りを願いたいです。

 

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

 

 

| | コメント (0)

風薫る

大らかで

居られぬ世界

小右傾化 (滑稽か)

 

 

| | コメント (0)

5月1日

数日前、不穏な事件が起こりました。事件そのものを嫌悪します。

狭い範囲での画策事へと関心が向かうと、大局を見失い、強いて言えば国益さえ損なわれかねません。

本日、新しい元号がスタートしましたが、権謀術数が渦巻く世になっては欲しくないものです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »