« 88 | トップページ | 芸術の秋 »

ソーラー発電所

今回の地震で、原発は緊急停止、火力も安全確認のため停止せざるを得ませんでした。

自然災害の影響を、最小限に食い止められるであろう“ソーラー発電所”の建設に関して、何故か電力会社は消極的です。

ソーラーと言えば売電という認識ですが、電力会社が自前の発電所を持つことに躊躇する理由は何でしょう?

目を宇宙に転ずれば

すでに、原子力衛星は皆無、稼働する全ての衛星、ステーションは、ソーラーです。原子力は、リスクを有する、前時代 20世紀のテクノロジーと言えなくもありません。

(宇宙空間と地上では条件が異なると言われそうです。現状で、地上のソーラーは 30%程度しか電力変換が出来ていないとのことです。その分、将来的な技術革新による変換効率の向上が期待される一方、蓄電技術では、 3日分の蓄電が可能となっているようです。いずれも、旧テクノロジーからの離脱を可能にしていると思えるのです。)

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.j

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

|

« 88 | トップページ | 芸術の秋 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。