« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

お見事!

24日、セーフ・パックでフランスへ送った郵便物 mail

昨日( 29日)、先方へ無事到着とインフォメーションに上がりました。

都度、書いてしまいますが・・・

日本と同レベルへ進化を遂げたフランスの郵便事情shine有難いですshine

| | コメント (0)

セーフ パック

Img_1139

内部がクッション材で巻かれ、大事な物を送るときに便利な封筒で、使ったことがある方は多いと思います。

以前は、PCショップや、手芸や画材の専門ショップならば、どこでも扱っていました。

それが・・・

売り上げが上がらない割に商品棚を占拠する?という理由ではないかと思うのですが、このところ、売り場から姿を消していました。

こういう物までネット購入する時代になったか?!と功利性中心の風潮を思わされましたが・・・

別の用で行ったイオンの文具コーナーmemomailに、黄色のセーフ・パックがあるflairではないですかshine

感激notesさらに感激notesさらに感謝です。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 18年 ~ 14年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

雑学の時間

20180820

松笠は、それぞれ 222.5度に振り分けられた鱗片で構成され、これが黄金比となっていると言うのですが・・・(222.5度 ÷ 360度 = 0.618...)

上げられた数字は、自然界の成り立ちを、より理解しやすくする為のメタフォーではと思いました。

同様に

銀河系と同じ、渦巻状銀河の“うず”の縦横比を計測すると、黄金比になるとのことですが、黄金比となり得る所をセレクトしての結論ではないのか? と少し穿った見方をしてしまいました。

むしろ、渦巻状銀河は、黄金比を使用することで描くことが可能とする方が分かりやすい気がします。

それでも

美しい 6角形を持つ雪の結晶や、土星の極地方に現れている 6角形など、明快な幾何学形体を持つ自然の造形には、驚かされることが多いです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

白いギフト

20180812a

例年なら、7月初めくらいには開花しているユリの花が、 1ヶ月遅れで、ようやく咲き出しました。

咲いているからと言って、これまでは、余り注意も払っていなかったのですが、今年の、猛暑の中の“白”は、殊のほか涼し気に思えます。

単独で咲いていた花が、何時の間にか 4株に増えていて、その分、清新な気分に浸れるように思えます。

“聖母マリアの化身”と例えられる理由が分かるようです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

かつしかから宇宙へ (Version 2018)

20180810

久しぶりに、“宇宙旅行”を楽しんできました。

新しい2018年版が、どのように変わったのか?関心がありました。

巻頭部分は、ドローンによって撮影されたのでしょうか、以前より臨場感が増しました。

ただ・・・

残念だったのは、宇宙から見た日本の姿がメルカトルのままだった事です。

また、地球の画像は、これまでは実写が使われていたと思うのですが、今回は、PCで作成されたものらしく、大気のブルーの部分がクリア過ぎる気がしましたが、いつもながら、スタッフの労力には敬服します。

昨年でしたか・・・

人類が

とうとう、宇宙の果ての観測に成功した!との記事が紹介されていたので、2018年版“かつしかから宇宙へ”には、その観測結果が紹介されているのか?と勇んだのですが、時期尚早だったようです。

(次回に、期待したいと思います。)

猛暑を忘れ

清涼感のある旅を、満喫しました。

*掲載画像は、「葛飾郷土と天文の博物館」において配布されているフライヤーを使用しています。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

2020年までの課題

① 首都圏の電車の乗降ドアを、今より 10cm 高くする。

背の高い外国人への配慮ばかりでなく、最近、日本の若者の身長も 180cm台が珍しくなくなっています。

② 男子用トイレの便器上部を、最低でも今より 20cm ~ 30cm 高くする。
  (1部のコンパクト・タイプは、 50cm程度)

① と同様の理由です。

これぞ、“お・も・て・な・し” では?

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

ツクツクホウシ 2018

2日前(31日)に、ツクツクホウシの鳴く声がしたのですが、幻聴かな?と思っていました。

今は、すぐ傍で鳴いていますので、幻聴ではなく、現実だったと分かります。

またまた、例年になく早いお出ましです。

これまで、ホウシの早い登場は、秋の訪れを早めたのですが、今年は、どうでしょう?

酷暑の夏とは、おさらばしたいので、秋maple大歓迎なのですが・・・

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »