« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

飲み会、行く前から飲み会?

6時に、どちらかと言えば“マイナーな改札付近で”待ち合わせ、という話が・・・

「 5時だったよね?」という確認が来たり、「広い方の改札だった?」という場所確認の連絡があったり・・・たった 4人が集まるだけなのに、てんや・わんや・・・です。

それでも、 10分前くらいには、 1人を除いて目的の改札前に集まることが出来ました。

さて、それからしばし待ったのですが、一番近くに住む人間が現れません。来るだろうと思われる方向を探しても見当たらないので、ひょっとして忘れているかもしれないという事になり、番号を知っている女性が、携帯を取り出そうとした時です。

「あれッ? KOさんじゃない?」と、彼女が改札方向を見て言います。

なんと、私達 3人を出し抜いて、改札間近にその姿があるではないですかsign03

そこで

後ろから、そっと近付いて見ますと、持っている雑誌をメガホンにして、「おーい、Ksign01 Ksign01」と、見知らぬ人に向かって、大声で私の名を呼んでいます dash

すでに、飲み会は始まってい.るようです。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

F-3 は、羽ばたかない

「心神」とも呼ばれ、期待も大きかった国産・次期支援戦闘機は、泡沫と消える運命のようです。

国産化は、我が国の航空機産業の技術力保全は無論ですが、機体のメンテナンス、アップデートに関する即応性が高い点からも考慮されたものと思います。しかし、前回のF-2導入時の経緯と同様、対米貿易黒字が拡大しているという理由から、見送られてしまいました。

今回は、米国製の導入ということが、(今のところ、米国からの提案となっていますが・・・) 前回とは大きく異なります。

支援戦闘機以外にも、気がかりな事があります。

それは、日米首脳会談後、米国が超音速ミサイルの開発に言及したことです。

現在、我が国は、ASM-3というロケット + スクラム・ジェット推進の艦船攻撃用の超音速ミサイルを保有しています。対米武器技術供与によって、この技術がそのまま移行するのではないか?と思えるのです。

開発までに何年も費やしたものが、技術供与という名目で提供されるのは、道義的に納得し得ないところですが、現在、国が導入を名言している「ミサイル防衛システム」にまで、この問題を広げてみると、異なる要因が浮かび上がってくるかもしれません。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

自分の声が分からない?!

普段、自身が聞いている“自分の声”は、他人が聞き、認識している声とは異なり、“頭骨が共鳴するなど、雑音が混じった音を聞かされている”ので、録音された声が、純粋で、他人が認識している自分の声である。

この程度の知識は、大人ならば持ち合わせているものと思っていました。

官僚を代表する立場の人間が、記者相手に、居酒屋で飲んだくれたオヤジと同様の会話をする国・・・情けない・・・

国は、一般常識から遊離し、劣化していますね。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

危惧すること

世界のアチコチで引き起こされる、好ましからざる状況の大半は、政治に起因する処ですが・・・

元を辿れば、この状況をクリエイトしたのは、私たち自身の投票行動“選択による”ものです。

今は、Election の際に、SNSも一役買うのが当たり前になりました。

SNSは、誰でも平等に意見する機会が与えられる利点がありますが、拡散されたものを不用意に受け入れてしまうと、ヒトラーさえ再び生み出しかねない危険性を、SNSは、合わせ持つように思えます。

どちらかと言えば、今の世界のリーダー達には、そうした傾向を感じ取れる気がします。

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

写実画壇展

20184011

3日間の入場者数が、 2000人を越えた「写実画壇展」です。

場所柄でしょうか? 入場者中の 5%程は、外国人となっています。

会場となっている上野の森美術館は、自然光も入るよう考慮されているので、作品を見るのに恵まれた環境と言えます。

私の当番日に、久々に会う友人が顔を出してくれました。立ち話でしたが、しばらくぶりに話が弾みました。

友あり 遠方より来る また楽しからずや

http://kazunaga-nakashima.la.coocan.jp

中島和長のアートスタジオ 2017年 ガリレオ ガリレイ国際賞 18年 ~ 08年 Art Capital サロン・デッサン (パリ - グランパレ) 17年 F.W.A.F. 16年 15年 Art Expo ローマ 15年 NY Art Expo SAM 14年 ~ 11年(パリ ジヴェルニーなど) 02年 ~ 2000年 現代美術小品展(プジョー文化セ ンター ル・カルドール画廊など) 1999年 NY, 98年 パリ,  86年 ニース個展。 受賞15  個展21

(スマホ用) http://kazunaga-nakashima.jp

| | コメント (0)

散華

ブルーシートを

花色に染め

行く桜

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »